脱サラ病の処方箋

脱サラや副業の理解を得られない時は家族への誠意と尊重が足りない

こんにちは。JUNです。

僕は子供2人妻の4人家族なんですが、週末起業をそれなりに自由にやれているのは本当にありがたいな、と思います。

「脱サラしたいけど、妻の説得ができない!」

「なんど説明しても信用してくれない!」

「家で仕事する時間が増えてしまい、関係がぎくしゃくし始めてしまった」

悩み投稿なんかを眺めていると、こういう書き込みが結構ありました。

家族を幸せにするため、守るために頑張っているのに本末転倒な気がしてしまいます。

それで今回は僕なりの解決策・・・というかこればかりは、家族一人ひとりの価値観の違いがあるので必ずしも正解があるわけじゃないのですが参考にしてみてください

  • この記事を読むことで・・・

家族の中の自分、自分にとっての家族を見直すきかっけになる。いまより良い環境で仕事に取り組むことができるようになる。

“家族の為に稼ぎたい”

きっと必死に頑張っているはずです。

ですが・・・・それすらもしかしたら”あなたのエゴ”に映ってるかもしれません。

「家族の為に頑張ってるんだろ!なんで理解してくれないんだ」って言いたくなりますよね。誰よりも家族のことを考えているのは自分なんだと。

 

でも別の見方をしてみるとたとえ家族であろうと、”価値観の押し付け”でもあります。

実際僕も経験しています。僕も思いっきり価値観を押し付けていました。確かに正論なんで、家族も何も言えないんですよね。そういわれると。

 

でも家族は本当はただ、「みんなと一緒に土日は過ごしたい」とか、「もっと子どもと接する時間を取ってほしい」って思ってるんです。

子供たちには「パパ、お仕事だよね・・・」って悲しい目で見られることもしばしば・・・

ましてや脱サラして起業したいだなんて、「ちゃんとサラリーマンで働いてくれていてさえすればいい」って思っています。

ですが正論を言われてしまうと、言いたいことが言えなくなってしまうんです。反論できる材料がないからです。

頭では理解できても心の底では府に落ちない部分があって、それが普段は大丈夫のように見えてもちょっとした会話などがぎくしゃくする要因になっていきます。

 

そしていつか爆発します。

ちょっとでもサボってしまったり、失敗したらここぞとばかりに反撃がくるわけです。

「あなたあれだけいったのに一生けん命やってないじゃない!」「ほら、起業なんてどうせ無理なのよ!」

正論で説得したことに対してそれを覆すことをしでかしてしまうと、ここぞとばかりに正論で戦ってきます。

隙を許さないコミュニケーションほどつらいものはありません。家族のコミュニケーションは”勝ち負け”じゃないですよね?どっちが正しいか決める場ではありません。

 

そもそも、根底の価値観が違うからぶつかるわけであって、

貴重な週末の時間や、平日の夜の時間を使ってお金を稼ぐことを本当に家族は望んでいるのか?

リスクを冒してまで、夢のような金額を稼ぐことを家族は望んでいるのか?

おそらくそこまでは望んではいないはずです。

ですから本当の問題はどこかというと、それはこの価値観のギャップであり、それを解決する必要があります。

(価値観のギャップを埋めるというとちょっとビジネスっぽいですがw)

お金+”家族にとって何か”が目的であること。それを伝える努力をすること。

家族といえど自分の考えは簡単に伝わらないものです。

なので、僕は自分の考え(信念)を情熱を持って伝えています。

 

“幸せっていろいろ形はあるけど、まずはみんながやりたいことを自由に選択できる状態を作ろう。そのためには金銭的な余裕が必要。”

“子どもたちが将来自立して生きていくためにはお金の勉強が必要。だからそれを教えたい。そのために自分がお金の勉強をして稼げるようになる。”

 

僕はこれを妻に説明しました。

お金を稼ぐことが目的なのは間違いないです。

それを伝えるのはまあ当たり前で、でも家族に理解してもらうためにはそれでは不足していて、それは何かというと”家族の幸せに繋がるんだよ!!”という信念です。

それをしっかりと伝えきれば、まったく理解されないということはないはずです。

家族の想いを真摯に聴くこと。

いくら自分の信念が正しかろうが、頑張って伝えようが家族の想いが完全に一致するとは限りません。

僕の場合は「子供との時間をもっと作ってほしい」という妻の想いはやはり強くありました。

こどもたちからも当然、もっと遊んでほしい!というアピールはひしひしと伝わってくるわけで・・・

そこで、「今は忙しいからダメ!」とか、「(奥さんに対して)こっちは仕事してるんだから面倒見てあげてよ!」と言ってしまうこともあります。(完全に父親失格発言ですね)

だけどそれだけではダメで、価値観(信念)を押し付けるだけでなく、家族の価値観もきちんと受け止めなければいけないとやはりうまくはいきません。

 

このバランスはすごく難しくて、どうすればいいか正直答えは分かりません。

というよりも、”日々思考錯誤しながら絶妙にバランスを取っていく”ことが答えなのかもしれません。ある一時は正解があっても日々子供は成長していきますし、環境が変化していくからです。

今僕は週末起業スタイルを初めてからだいぶ時間の使い方に慣れてきたので、子供とのコミュニケーションを多く取ることができるようになってきました。

ブログを更新しているときも後ろでウロチョロしていたり、横で宿題を見てあげたり。子供たちも僕のスタンスに慣れてきてるみたいです。

 

奥さんとは、何かあればガッツリと話しをするように心がけています。平日夜でも2~3時間気にせずに時間を取ります。

その日あった出来事をその日のうちにしっかりと時間を取って話すことでお互いの価値観がずれないようにすり合わせているイメージですね。時間を空けると良くないです。

あと、奥さんにはせどりの手伝いをお願いしているので、今は仕入れ以外ほぼすべてこなしてくれるようになりました。

手伝ってもらうことで自分ひとりが稼いでいるという傲慢さがなくなるのと、感謝の気持ちを自然と持てることが大きいと思ってます。

理解してもらう為にというわけではないですが、奥さんと一緒に仕事してみるのはいいかもしれませんね。

 

家族との接し方や仕事とのバランスは本当に答えはないと思うのですが、しっかりと向き合って誠意をもって接することがやはり一番重要なのではないかと思います。

関連記事

  1. 脱サラ病の処方箋

    会社を辞めたい・・・・転職か脱サラか・・・どちらもおすすめしない理由

    こんにちは。JUNです。仕事を辞めたいと思ったことはありますか…

  2. 脱サラ病の処方箋

    会社員の将来は厳しい?サラリーマンほど安定したキャッシュポイントはない

    こんにちは。JUNです。週末起業家としてサラリーマンと副業をや…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ビジネス戦略・思考

    自由人のビジネスマインド・スキル
  2. ネットビジネス

    僕、完璧主義者なんですよ。←だから何?
  3. せどり実践

    Amazonで初返金の結末
  4. 成功者の共通点

    辛い通勤中を楽しく過ごして成功者思考を手に入れる!音声学習のすすめ
  5. せどり実践

    子供におもちゃを我慢させることは教育?
PAGE TOP